現場調査


裏面注入止水


本工法はトンネル・BOXカルバート・地下室・ピット・連絡通路・地下鉄等の地下構造物に漏水が広範囲に亘り発生している場合及び躯体にピンホールが多く局所的な止水が困難な場合に適しています

工法要領

漏水している躯体に300mm〜500mmグリットで貫通孔をあけ躯体裏面に注入防水材を圧入し躯体の裏面に防水膜を形成する工法です。


裏面注入止水工法の特徴

躯体の裏面に防水膜を形成することから漏水箇所(ひび割れ・ピンホール・セパレータ・コールドジョイント・打継ぎ跡等)が多数ある場合に適し、経済的に又、確実に恒久的な止水を可能にした工法です。











  Copyright© B.C Co.,LTD All Rights Resarved.