現場調査


高圧注入止水


弊社は老朽化した建物のリニューアル工事及び地下水、湧水、雨水などによる止水防水工事を主として業務に当たっております。
特に止水工事は斫り工事を伴わない止水工事の為、工期・経費を押さえることが特徴としてあげられます。
また、止水材がエマルジョン樹脂を使用することから環境に優しく、又、再漏水事故の発生が著しく減少いたしました。


高圧注入止水工法の特徴

当該高圧注入止水工法は止水工事の完成度が高く確実に漏水を止め又、恒久的に安定して止水効果を維持します。
ビトパッカーを介して、漏水を伴う各コンクリートの劣化損傷部に対し、注入用止水材を高圧注入(150〜350kg/cm2)する事で水みちを遮断、漏水を防止する。
削孔径が6mmまたは10mmと小径である為、削孔作業が効率良くできる。
斫り作業を伴わない止水工法の為、騒音(削孔音は発生します。)・廃材がほとんど発生しない。
漏水の状況・部位に応じて注入材の硬化速度を任意にコントロール可能で、各諸条件に対応できる。
注入材は有機溶剤を含まない水性材料である為、作業員・取扱い・環境に安全である。

削孔状況

漏水打継ぎ部交差削孔

樹脂注入治具(ビトパッカー)取り付け
   

止水材(ビトグラウト)注入

止水完了










  Copyright© B.C Co.,LTD All Rights Resarved.